ハンゲームって超おもしろい!

ねえ、いまハマッてるゲームある?うん、ハンゲーム!

今話題のハンゲームって知ってる?
無料で100種類以上のゲームができるんだって。
私も登録しているけど、超面白いよ。

無料でこれだけ遊べたらすごいね。
ハンゲーム

5回目です

セーブデータ関連です。データやセーブについてまたまた書いています。

読み書き速度が遅くランダムアクセスができないので細かいデータのバックアップには向きませんが、容量が大きいのでシステム全体のバックアップに向くそうです。

ただ、テンション調整、たるみ除去、帯磁、消磁など、メンテナンスが面倒なんだそうです。

ハードディスクはドライブメディアが高価なので、取り扱いにも注意が必要だということですが、もっとも高速にバックアップが取れるそうです。

バックアップの種類についてですが、バックアップには大まかに、以下の3種類に区分出来るそうです。

一つ目は、 必要なデータ全てを一度にまとめて一括に複製するフルバックアップ。

二つ目は、 前回のフルバックアップ時からの変更、追加されたデータのみを複製する差分バックアップで、三つ目は、 前回のフルバックアップ時からの変更、追加されたデータのみを複製する増分バックアップだそうです。

ただ、次回増分バックアップを行う際は直前の増分バックアップの変更、追加分だけが複製され、さらに、データベースなどではトランザクションファイルを利用したトランザクションバックアップがあるそうです。

以上、セーブデータ関連でした。データやセーブについて書きました。

セーブデータ関連4です

セーブデータ関連です。データやセーブについて書いています。

メモリーカード(各種)は 数十MB〜数百MB程度だそうです。メディアが容量に比して高価なので、バックアップコストが高くつくそうです。

大容量の物もありますが、基本的には一時蓄積用のメディアであるそうです。光学ディスク (光ディスク、光磁気ディスク等)は 数百MB〜数十GB程度だそうです。

メディアが比較的安価なので、ある程度まとまったデータに適しているそうです。また、メディアが大容量であるほど、バックアップ時の交換回数が減るので便利だそうです。

業務用には自動クリーニング機能を搭載したメンテナンスフリーな装置も見られるそうです。磁気テープ(各種)は 数十GB〜数百GB程度です。

大規模なサーバや汎用機で伝統的に使用されているメディアであるそうです。ストリーマとも言って、大規模なものではテープメディアを自動交換する装置(オートローダ)もあるそうです。

以上、セーブデータ関連としてデータやセーブについて書きました。

セーブデータ関連3です

セーブデータ関連記事を書いています。

RAIDはハードディスクドライブの耐障害性を向上させるだけの手段なので、RAIDだけでは完全ではなくて、バックアップも同様に重要だそうです。

RAIDはバックアップの代替にはならず、バックアップもRAIDの代替にはならないそうです。

バックアップは通常、バックアップした時点において最新なだけのデータしか復旧できないので、定期バックアップの期間が長い場合にはその分の期間のデータ編集を喪失する事になるそうです。

これも、期間の喪失リスクとバックアップのコストを天秤に掛ける事になるそうです。

また、後述のミラーリングによって、期間の喪失リスクはゼロに近づきますが、専用のシステムが必要となる事が多いようです。

リモートミラーリングにより場所的リスクの軽減も可能だそうです。バックアップメディアの種類は、フロッピーディスクがあります。

数MB程度近年のデータ大容量化によって、よほど小規模なデータでなければ非現実的であるそうです。

以上、セーブデータ関連です。

セーブデータ関連2です

セーブデータセーブデータについて書いていきます。

一般的な対策の例としてはコストに応じて、以下のものがあるそうです。

リムーバブルメディアにバックアップを取って、別の場所に保管する事で、場所的なリスク(自然災害や犯罪等)や、オンラインにある事のリスク(データの論理的な破壊等)を軽減することができる 多重バックアップがあるそうです。

重要度とコストに応じて、2重・3重に多重バックアップ(バックアップのバックアップ)を取る方法もあるそうです。

例として、1次バックアップにはハードディスクドライブ等の高速なメディアを使って、2次バックアップにはDVDや磁気テープ等の比較低速メディアを使うそうです。

ネットワークを通して、オンラインストレージやデータセンター等にバックアップを取るそうです(もしくは、データセンター自体を通常使用のストレージとし、またそこから他にバックアップを取るそうです。

セーブデータセーブデータについて書いていきました。

セーブデータ関連1

セーブデータのデータ関連について書きます。

一般的にバックアップには論理的にも物理的にも保護を望める方法を使いますが、方法によっては片方に対しての対策にしかならない方法もありますので、注意が必要だそうです。

例をあげると、同一ドライブ内にバックアップすることだそうです。操作ミスなどの論理的な破壊に対しての対処としてのみ有効であって、操作ミスは最大の障害理由なのでとても有用なのですが、そのドライブが壊れてしまった場合にはまったくの無力だそうです。

WindowsME以降に付属しているシステムの復元機能などもこれに該当するそうです。別のストレージに即座に反映するそうです。

物理的な破壊については最良の手段で、停止できないサービスを提供する場合は必須ですが、操作ミスなども即座に反映してしまうそうです。RAIDなどのミラーリングサービスがこれに該当するそうです。

以上のような方法は、特定の目的の場合選択されますが、他の方法も組み合わせて使う必要があるといえるそうです。

セーブデータのセーブについての記事でした。

バックアップ3

セーブデータのデータ関連のバックアップについて続きです。

ハードウェアの故障(停電を含む)や、自然災害(火災、落雷、地震等)、さらには犯罪(盗難、テロ等)その他による、媒体の物理的破壊や紛失などがあるそうです。

これらのリスク分析をして、それぞれの要因に対して必要かつ十分なデータ保全対策を取る事が重要であるそうです。

論理的な破壊に対しては、バックアップを数世代分に渡り取得して、時間的に遡る事が出来るようにする対策が必要だそうです。

可能な限り意図的な改ざんに耐えて、破壊される直前に戻れることが望ましいそうです。データの重要度や更新頻度にあわせてバックアップを取得する期間を決定することが必要だそうです。

物理的な破壊に対しては、別の場所に保存したり、別のメディアに保存したりする対策が必要だそうです。

バックアップ先が同じ理由で使えなくなることを避けるには、可能な限り離れた場所、可能な限り別のしくみのメディアを使うことが望ましいそうです。

セーブデータのデータ関連のバックアップについて書きました。どんどん続きます笑。

バックアップ2

セーブデータのデータ関連のバックアップについての続きです。

同じストレージにバックアップを取った場合に、そのストレージが丸ごと破損するともはや復旧のしようがないそうです。

データ復旧サービスもありますが、その費用は、失われたデータを作り直すための費用と大差がない場合も多くて、作り直す事ができないデータは二度と復活できないそうです。

バックアップは、データを失うそれぞれの要因に巻き込まれないようにすることが肝心だそうで、危惧される要因ごとに対策をとる必要があるそうです。

そのため通常は、普段使用しているデータのストレージとは別のストレージに、定期的にバックアップを取る事が強く推奨されるそうです。

データ保全は、コンピュータで扱うデータが貴重な物であればあるほど、万が一のデータ紛失に十分な対策を取る事が必要になるそうです。企業とかデータ管理が重要ですよね。

データ紛失のリスクとしては大きく分けると以下のものがあるそうです。ユーザのミスや、ソフトウェアのバグやウイルス感染やクラッキングなどによる第三者による意図的な改ざんや、データの論理的な破壊だそうです。

セーブデータのデータ関連のバックアップについて書きました。まだまだ続きます。

バックアップ

セーブデータのデータ関連のバックアップについて書きます。

バックアップは、誤ったデータの変更や消去、メディアやドライブの紛失や破損など、さまざまな要因によって失われようとするデータの複製をあらかじめ作成して、データを復旧出来るようにすることだそうです。

それを行うことを「バックアップをとる」などというそうです。バックアップの必要性があります。データはさまざまな要因で失われるそうです。

失う要因としてもっとも大きなものは、ユーザ自身が誤って消したり、間違った情報を書き込んでしまうことであるそうです。ゲームのセーブデータでも同じことがありますよね。

それは100%防止することは不可能で、その対策として取れるのは通常とは別の場所にコピーしておくことしかないそうです。そのような行為をバックアップをとると言うそうです。

OSの入った、普段使用しているストレージに複製するのもバックアップですが、コンピュータのストレージは、形あるものでありいつか壊れるものであるそうです。

セーブデータのデータ関連のバックアップについて書きました。

セーブデータのデータについて3

セーブデータのデータについて続けます。

テレビゲームのセーブは有名ですよね。プレステでは、メモリーカードにセーブデータを保管しましたよね。

コンピュータプログラムでは、電源が切れるなどの不測事態対策や作業の中断や終了、別の機器で読み出したいなどの理由で行われるそうです。

プログラミング言語・BASICにおいては、プログラム自身を媒体に保存する際にSAVEコマンドが用いられるそうです。BASICの仕様によっては保存媒体や保存形式によってCSAVE、DSAVEなどのコマンドが用いられることもあるそうです。

また、プログラム中のデータセーブについてはWOPENで書き込み目的でファイルを開うて、PRINT/Tでデータを書き込んで、CLOSEでファイルを閉じる一連の予約語によって行われるそうです。

(コモドール、シャープ系のBASICの例)コンピュータゲームのプレイを終わるために、現在の進行状態を保存して、次回にプレイするときにそこから始められるように処理することもセーブというそうです。

ゲームでは、セーブしていないと困りますよね。以上セーブデータのデータについてでした。